[ as ]パッケージ?

今回の仕事では何個かクラスファイルを作ったりしたのだが、
勉強不足のためリンク方法が、flaファイルと同階層に置く、という方法以外わからなかった。
もしかしたら#includeとかしてやれば良かったのかもしれないけど、
まぁリンクしてるしいいか、ぐらいなノリだったので、試してなかった。

一応仕事が一区切り、という感じになりそうなので、その辺をちょっと調べてみた。


パッケージというものを発見。
AS3.0ではどうやらパッケージがフル活用されるっぽい感じなんでしょうか。
うーむ。。

あとはメインページのFlashを担当された方のデータを拝見すると、
クラスファイルがディレクトリにまとめられていた。
そんでクラスファイルの中身をみると、記述もちょっとだけ違っていた。
と言ってもクラス名のみ、だけど。

例えばこのクラスファイルがあるページをtmpDirとして、クラスファイルはTmp.asだったとする。
.flaファイルからTmp.asまでのパスは ./tmpDir/Tmp.as となる。

その時、Tmp.asでは、

  class tmpDir.Tmp{ … };

という記述になる。これを、

  class Tmp{ …};

とすると、コンパイルエラーが起きる。

もちろん、インスタンスの作成時も

  var tmp: tmpDir.Tmp = new tmpDir.Tmp( … ) となる。

うーん、、AS3.0が主流になるまでこの方法でもいいような気もするなぁ。
たぶんまたすぐにFlash仕事ってことはないと思うけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。