アポロだなんだ

hajimeさんトコで取り上げてたアポロ。
僕もちょっくら調べてみました。


以下のページから抜粋。
http://labs.adobe.com/wiki/index.php/Apollo:DeveloperFAQ

What is Apollo?
Apollo is the code name for a cross-operating system runtime being developed by Adobe that allows developers to leverage their existing web development skills (Flash, Flex, HTML, JavaScript, Ajax) to build and deploy rich Internet applications (RIAs) to the desktop.

これを読むところによればアポロとはクロスプラットフォームのランタイムのコードネームで、
FlashやFlexなどを用いたアプリケーション開発が可能、ってところですかね。
.NETやJavaのように、バーチャルマシン的なものを使って
アプリケーションを実行するってことなんでしょうか。

アポロの何が画期的かと言えば、通常のWEBサイトのように
HTMLやJavaScriptなんかも用いつつアプリケーション開発が出来るところなんだそうです。
つまり、WEBブラウザと言う制約が無くなる。

これが直接どういう風に機能するかといえば、まだ明確にあれやこれやって僕は思いつかないけど、
なんとなく面白そうな技術だなぁと思います。
なんたってFlashにまつわるスキルがそのまま生かせるのが良い。
それにFlashが使えるとなれば、凝ったGUIのリッチアプリケーションなんかも使えるという事に。
いやー、素敵。

つーかFlashがローカルマシンへのアクセスをもっとしっかり出来るようになるだけでも、
原状は便利だなぁと思うんだけど。

何にせよ期待の新技術です。
やっぱりこれから先ASは覚えといて損は無いな。
デジタルコンテンツ業に携わるものとしては、pythonとASは必須!ってなるんじゃなかろうかと思いますよ。
余談ですが、FlashのverUPしようと思ったらAdobeになってからライセンス形態が変わったっぽくて、
僕が持っている学生版からだとverUPできず、、
v8欲しかったYo!!
しゃーないので、お金貯めてpro版買います。
AEもFlashもプロならpro版使いましょう。AEは特に。

pythonといえば最近CG業界以外でも動きが活発。
WEBアプリなんかもpythonで!なんて動きがちらほら見える。

それがなぜかといえば、どうやらpythonの生みの親がGoogleに就職したからみたい。
それからpythonの開発スピードがあがり、Google内部でも使われ始めた、というのが
どうやらトリガーになって最近のpython人気があるらしい。

うーん、やっぱりpythonは覚えといて損はない感じ。

まだまだ覚えることはたくさんあるなぁ。

「アポロだなんだ」への3件のフィードバック

  1. なんか便利そうだよね。
    現状はちょっとsampleが少なくて何ができるのか
    見えてこないのだけど、ベータ版ぐらいから本気でさわってみよーかな。

  2. >オキさん
    えーーーーーーーっ
    てっきり出来るものだとばかり、、
    CS3はいい感じですね!
    値段も物によっては安くなってるし、本気で欲しいです。

    >hajimeさん
    やー、いい感じだと思います。
    hajimeさんとこのコメントも読まさせていただいたのですが、
    いろんな意味で自由度高いですね。
    つーか危ないところも多いですよね、、
    僕もそのうち触ってみたいと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。