[ java ] package..

p5とeclipseに絡んで、packageとは何ぞやということで調べ物。


多分簡単に考えると、パッケージ、という一言に尽きるものなのだろう。
packageは単一の.jarに出来るらしいので、主にはライブラリを作る時に用いたりするのかな。

packageはAS3.0でも導入されている考え方なので、覚えとこう、ということで、
p5でもeclipseでも直接的に関わることはないんだけど、フライング気味で調べてみた。

多分こいつには汎用的なことしか書いちゃダメなんだ、きっと。
じゃないとコードの保守性というか、どこに原因があるのか分かりづらくなる気がする。

かといってそんなに大きくないプロジェクトならこれいらないんじゃん?とも思うが、
僕が思う大きいプロジェクトなんてものは、本物のプログラマさんなら1日もあれば出来ちゃいそうなので、
まぁやっぱり必要なんだろうな、、。

ということで、とりあえず覚えても直近ではそんなに効果ないかな、という気がしました。
が、そういえば思い出した。
eclipseでp5の超簡単sketch書いてみたんですが、その時に確かpackage作った。
eclipse使ってアプリを作ろうと思ったら、基本は作る必要あるみたい。
作らないでデフォルトのパッケージ、ってことにしちゃってもOKらしいけど、非推奨。

自分でライブラリ作ったりする予定も無いので、
正直今はあんまり必要性感じてないんだけど、eclipseが作れって言うので仕方ない。

ところでeclipseの使用感ですが、
プログラムに慣れ親しんでいる人なら使ってて便利だと思えるだろうけど、
機能が多いのでそうじゃない人には多分面倒なものだとおもう。
つーかわかんないと思います。おれもわかんないし。

なのでゴリゴリに使いたい人以外にはあんまり必要ないと思ってます。
せっかくなんでもうちょい触ってみますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。