マシンが無くなる

今自宅で使っているPCは、会社から借りているmac book pro。
んで、僕は9月で会社を去る。

えーー、、自宅にPCがなくなります。
これはすんげー困る。

さすがにマズい。

で、次の環境をどうしたらいいか考えました。


まず、ノートPCを使っていて良かった点はというと、
1.省スペース
2.静か
3.持ち運びが簡単だから部屋の掃除がしやすい

逆に不便な点。
1.場所をとらないが、「PCのスペース」という場所がなくなるので、回りに周辺機器を置きづらい。
  もっとも、そういう場所を確保すれば問題ないけど。
2.PC本体が熱を持つ。熱い。
3.HDDが少ない気がする。
4.キーボードがアレだ。
5.液晶小さい。

こんな感じです。

以上から、デスクトップorノートのどっちが欲しいかといわれたら、
うーん、、、両方欲しいんだホントは。

でもとりあえずはノートでいいかな、と思う。
キーボードや液晶は、すきなの使えばいいし。

しかし液晶なんて買う余裕はない。
mac bookと一緒に買ったりなんかした日には1年間はボンビーだ。

そもそもwin or macどっちなの、と考える。
迷わずmacだな、と思う。
でも仕事で使ってない環境だから、ちょっとアレだ。

そこでbootcampですか。まぁそうだよな。

一応win環境も考えてはみた。
が、windows環境だけで楽しいわけがないので、
linuxとのデュアルブートの方法を模索。
で、こちらを発見。
なるほど、仮想マシンか。
これならいちいち再起動もしなくて良いし、いいなぁ。
winにする必要が出たらこれを試してみようと思う。
あとwin環境でlinuxというと、coLinuxという方法もあるらしい。
ちなみにcoLinuxとはこういうものらしい。
うーん、便利そうだけどなんか地味なのでスルー。

ホントは仕事云々とか関係なくしてLinuxマシンが欲しいんだけど、
それはあまりにも厳しい。

というのも、以前書いたgimp&inkspaceショボ問題が結構関係あったりする。
WEBも作れねぇ、なんてことじゃやってられない。
完全に3D用にするんだったら問題ないかもしれないけど、
そんな余裕あるわけない。
そもそもMayaがない。

困る。

うーん、、やっぱりmacかなぁ。
でもmac & win & linuxのトリプルブートとかはさすがに怖いしなぁ。

つーかlinuxは忘れていいのか。
なんとなくubuntu使ってみたいっていうだけだし、
忘れていいですかそうですか。

じゃあmac bookがleopardになったら購入します。

proだとさすがにキツイので、bookでお願いします、、、
貧乏ですみません、、

まぁcore2乗っかってればGPU弱くてもとりあえずはOKなのよ。
だからまぁ気にしない。

あ、そうか、新型imacもいいな、、
でも20インチは液晶がショボいらしいので華麗にスルー。
っつってもmac bookと比較してショボいかと言われると、あんまり変わらない気もするな。

なんだかんだ書いたけど、最高なのは会社がmac book proを退職金代わりにくれるというシナリオ。

・・・無理か。

————————-追記
無理でした。
明日返却します。
がーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。