JavaFX

mixi見てたらたまたま発見。
JavaFXなるSun初の新しいスクリプト言語。
どんなものなのかはこちらでどうぞ。


実は最近、windowsベースで仕事をする際に
一番使いやすいスクリプトは何か、ということを考えていた。

僕は今pythonを使っているけど、他のスタッフはほとんどインストールしていない。
それはperlにせよrubyにせよTclにせよ、windowsじゃ同じこと。

Mayaで仕事をしていることもあって、
結局MELが一番良いじゃん、みたいな結論になることもしばしば。

・・・でもそれってどうよ。
というところから、結局何がいいのかなー、と考えていた。

windowsがウンコなのは、多々ある標準的なスクリプト言語を一切インストールしていないこと。
これはすごく痛い。
結局カスタムインストールの必要が出てくると、
どのマシンでも使えるものにはならない。
漏れなく全部にインストールすればまぁいいんだけどさー。
ぱっと思い立って使う、みたいなことが出来ない訳で。
例えば大規模なプロダクションだったら、作ったは良いが使えない、みたいなことになりかねない。

なので、何をせずともいきなり使えるWSHが
windows上で最も威力を発揮するスクリプト、という結論にいたった。
バッチを書く、という選択肢もあるけど、さすがに弱すぎる。
せめてpowerShellを標準搭載してほしいんですけど。<microsoftさん

WSHはwindows専用なこともあって、いろんなファイルを扱えたりするあたりは、
macで言うappleScriptなノリ。ActiveX使えばExcelファイルなんかもいじれちゃう。高機能。

だけどどうしても好きじゃないんだよなぁ、WSH。。。
GUIもブラウザベースでしか作れないっぽいし、
そもそもWindowsべったりなわけだし、
なんかなぁ、、。

AIRやgoogleGearsにも興味はあるのですが、
あんまり幅を広げすぎるのもなぁ、、というのもあってとりあえずステイ。
まぁAIRはFlashの延長なノリでいずれ触ると思いますが、、

そんなときにふと思った。
何もスクリプトじゃなくてもいいんじゃないか、と。
そう、Javaはどうか、と思いついたのです。

JavaVMならほとんどどのマシンにも入ってるし、
小さいプログラム程度ならスクリプト言語と大差ない労力で作れるはず。
それにGUIも一応作れたはず。
あんまり書いたことないですけど、文法も非常に分かりやすい。
こりゃJavaに軍配かな?

とか思ってたのです。

登場までにずいぶん長い前置きをしてしまいましたが、
ここでやっとJavaFXの登場です。

上記のようなことをぼやっと考えていたので、
非常にタイムリーなネタなのでした。

JavaFXは個人的には非常に期待出来るプロダクトです。
つーかSunがこんなの作ってたとは驚きです。
内容も驚きです。GUIがこんなにしっかり作れちゃうなんて。

それぞれのプラットフォームのGUIエレメントをきちんと使うあたりも好感が持てます。
それにこれならAIRと違って、Linux版のサポートも期待が持てそうです。

時間が出来たらぼちぼち触ってみたいとは思いますが、
その前に僕はpython & C++ やんなきゃーーーー!!なのです。
両方Maya用です。

来年中ぐらいには、C++で作ったアプリを実践投入したいと考えています。
JavaFXは隙間を見てやることに。

にしても最近こういうの多くて楽しいねぇ。

ちなみにこんなページも発見した。
わかりやすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。