VMwareでUbuntu

ハッとしたので、VMwareServerをインストールして、
併せてUbuntuをインストールしてみました。

理由?そんなのねーです。
なんとなく、、、流行に乗ったというか、、的な。。


で、まぁちょっと触ってみましたが、
うん、速いマシンなら使える気がします。
もちろんフルにLinux使うならちゃんとインストールした方が良いと思います。

とりあえず僕の手持ちの環境が、pen3 1Ghzの512MBのHDD40GBなわけで、
動作はするけど使い物にならないぐらい遅いってのは痛い。 
動作確認もままならない。
あと設定適当にやったからネット繋がんない。
なので冷やかし程度にしか使えない罠。
core2 duoでメモリ2Gとかで使ってみたい。

windowsしか持ってないけどちょっとLinux使いたいなぁ、なんて場合は非常に良さそう。

一応windowsマシンを買うことになった場合、
どうやってLinux環境を整えるか、というのを調べてたのですが、
なんとなくmacで問題ないという意見に落ち着いているので
あんまり意味も無かったと言えるような気も、、

でもmac買ったにしてもVMwareとかparallels買うだろうと思うし、
使用感のイメージとして、ってことで。

ちなみにVMwareで仮想マシン起動して、
そっちのモードに入ると、カーソルがそのウィンドウにつかまってしまいます。
それを抜けるにはctrl+altの同時押しです。

UbuntuだとVMware向けに仮想化したディスクイメージを配布していたりするので
気軽にインストールできました。

興味ある方は是非お試しを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。