久々にp5

p5本も届いたことだし、
マシンが非力で3Dなんか無理だし、
ということで、久々にp5。


今日はEssのサンプルを見たり、本を見たりしていました。

今興味があるのが、
音から映像を生成するようなものと、音の生成と、3D。

p5で音を扱うには外部ライブラリを使う必要があって、
どれ使ったらいいのかわからないので、とりあえずEss眺めてた。
ノリはなんとなくわかった。そんなに難しいことないかも。
あとは具体的な扱いを調べる必要あり。

音の生成もEssでやれるっぽい。
サイン波、矩形波、ノコギリ波にホワイトノイズ、ピンクノイズが作れるっぽい。
ただ、ユーザーからの反応を受けてフレキシブルにあーだこーだやるのは結構キツそう、、
もしかしたら出来るのかもしれないけど、なんか軽く試したらエラーでた。
うーん、、、これは要調査。

ほんで3D。
p5で3D空間が扱えるようになったら一気に幅が広がるなぁ、なんて思ってます。
カメラも動かしてみたいし。

まだ実際にいろいろ試してないから具体的なことはわかんないけど、
p5の3D空間っていうのはちょっと特殊っぽい。
まず2Dとの統合環境なこともあって、原点は画面の左上になる。
画面の真ん中が原点だったりはしない。
そんで、2Dだと右が+Xで、下が+Y。
3Dもそのままそれを拡張しました、って感じで、右が+X、下が+Y、手前が+Zとなる。
一応左手系の座標になるっぽい。
座標がピクセルベースってなんか新鮮だ。。

これって外部からOBJとか読むとき、サイズってどうなるんだろうか。

いずれ簡単なモデルとかも持ってきてみたりしたいし、
OpenGL使えるんだからGLSLも使えるだろうってことでシェーダとかも書いてみたいし、
いろいろやってみたい。

まぁぼちぼち調べてみます。

とりあえず、3D空間で球でも出してみるかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。