[ p5 ] テスト

p5の3Dを触ってみた
ボックスをぐるぐる回してるだけです。

思ってたよりも気軽に使えそう。
これからはガシガシつかっていきますヨーーー。


ちょっとだけ関連して昨日、友人がクラブに行っていたらしく、
今日のVJがprocessing使いだ!と鼻息荒くメールをしてきた。
システム自作でwiimoteでp5だったそうです。
すごいね。なんとも。

VJって憧れる。

というのは、日々仕事していて
たまにもっとライブ感のあるものを作りたいなぁ、と思うことがある。

VJはライブ感の塊。
そこはすごく楽しそう。
もちろん失敗できないし、緊張感あるから大変だとは思うんだけど、楽しそう。

あとはUVAとか黒川氏のパフォーマンスを見てしまった以上、興味が湧かないわけがない。

VJにはジェネレート系と呼ばれる、プログラムで映像生成する人たちがいるらしい。
すごくイイ!楽しそう過ぎる。
楽しそう過ぎてよだれが出ます。

その場の雰囲気や、その日の天気や、気分や、なんかを映像にフィードバックしてもOKなわけです。
CMとか映画の仕事してたらそうはイカンわけで、ある意味対極にあるともいえるかも。
staticとdynamic..

たまにそういうストレス発散とか良くないですか。

というわけで、その友達と一緒になって、おれらもやろうぜ!とか盛り上がってしまったのでした。
彼は既にVJやってて、ぼちぼち声かかえるようになってきたようなので、
僕はおこぼれ頂戴的な感じでお願いしますwwサーセンwww

いずれおれも自分システムとか作ってみたい。

さて、ぼちぼちネタづくりでもしていきます。

「[ p5 ] テスト」への4件のフィードバック

  1. 本当はmax/msp使いらしい…
    p5は練習中なんでー。。。とか言ってた。
    オソロシス

  2. >to.
    maxってことはjitterか。
    jitterも機会あらば使いたいんだけどねー。高いんだよな、、、
    ジェネレート系のVJって面白いな。

    winならVVVVがあるので、to.くんも是非どうぞ。
    http://vvvv.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。