==

{
string $a = “test”;
int $b = $a == “test”;
print $b;
}

上記の結果は1。

なるほど、こういう書き方が出来るわけか。
==は比較演算子なので左辺と右辺が同じでなければ
false(melだとbool型がないので0)を返すということが分かってれば
普通に理解できるはずなんだけど、
僕はそういう部分の基礎が全然ないので、ぼやっとしてると見逃してしまいます。

続きを読む ==