[ RenderMan ] わかんないことだらけだ

RenderMan、わかんないことだらけで困ります。


例えば、
・RIBBoxって何。
 →RIBにテキストを挿入するものらしいことはわかったんだけど、詳しくはわからん。
 →RIBBoxに書いた内容がRIBの中に挿入された。
  HyperShadeでLiquidRibBoxをオブジェクトにアサインするか、オブジェクトにAddAttrするか、
  方法は2つあるっぽいです。やっぱりRIBは覚えないとアレっぽい。
  →パーティクル(Point)の大きさを決めるアトリビュートを追加したかったんだけど、
   思ったところに追加できなかったから、これは多分こういう使い方ではないんだろうな、と。
・PixieでCurveがレンダリングされない。
 →落ちる。なんで。コレも未サポートか?
・Liquidってシェーダのコンバートしてくれないの?
 →Convert to RSLみたいなメニューはあるんだけど、よくわからん。
 →ShaderManでも試してみるか。
・BrickMap、具体的にはどういうもの?
・GIとかしようと思ったら、シェーダ書かないとダメなのか。
 →occlusionだのgatherだの、ってことですか?
・PixieでBlobbyがレンダリングされない。なぜ。未サポート?
 →ぐお、、 Currently unsupported featuresにRiBlobbyが、、、orz
・Pixieだとフルパスでシェーダを指定するのがダメっぽい?
 →同じRIBでも3Delightだとレンダリングされる。

難しいことだらけで困ります。
あと、RIBなんてトランスレータが吐いちゃえばほとんどいじらなくていいじゃん、とか思ってたんですが、
実際にオブジェクトの詳細のパラメータとかいじろうと思ったら、
実はRIBの事って詳しく知らないとイカンような気がしてきました。
つーかRIBいじるのって日常的に行われることなんじゃ、、、

と、こんだけRenderManRenderMan言いつつ、併せてmental rayのこともちょっと調査中。

価格的にも技術的にもRenderManの全面導入はキツいし、
3Delightは現実的な価格かもしれないけど、やっぱり運用する上でいろいろとアレなんで。

以前衝動買いしたRendering with mental rayを片手にmental rayも頑張ります。
mental rayに関しては、現場も全く知らないわけじゃないし、
シェーダ云々とかよりも、実際にはFGの最適化とかそういう現実的なのが喜ばれるような気が。

とかなんとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。