汎用化難しい

PuppetManなんですが、今以上に機能を載せていこうとすると汎用化が非常に難しくなってきます。
どこらで公開するもんか、、、


難しいなぁと思っているのは、
・全部のコントロールを一気につかむボタン
・ポーズのリセット
・ポーズのミラーリング
辺りでしょうか。

無理矢理やる方法もあるにはあるのですが、もっとスマートな方法あるよなぁと思ったりしています。
なので公開版には汎用的な無理矢理方式で、社内版はローカライズしたものにしようと思います。
そして名前も変える。

最近ちょっと忙しくなってきたので、また時間が出来たらぽつぽつやります。

「汎用化難しい」への2件のフィードバック

  1. 汎用化って難しいよねー。
    それだけに5年以上使えてるようなMEL書いた先人たちはスゲーと思います。なんでこんな先のことまで見えて作れるんだろう?

    GUIと汎用化の両方がプログラムを書く上で一番大変なとこですよね。コアな計算部分なんて実は大したことなかったりする。

  2. >hajimeさん
    難しいですね、、ホントに思います。

    >5年以上使えてるようなMEL書いた先人たち
    もはや偉人ですね。。
    物にも寄るとは思うんですが、にしてもすごい。

    GUIはダイレクトにそのツールの使い勝手に関わってくるし、汎用化となると設計そのものだし、大変です。
    実際の処理は確かに簡単てこと多いですねwww

    あー、大変。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。