ライラ 黄金の羅針盤

先行上映見てきました@新宿バルト9
まだ公開前なので、CGのネタしか喋りません。


総制作費250億円という、LOTR並みのファンタジー超大作。
良く考えたら3部作でニューラインシネマってまさにLOTR。

VFXはR&H、Framestore CFC、Cinesite、DD、etc..って感じで流れてきたので、
R&H辺りがメインっぽいです。
R&H、Framaestoreはすごい人数のTD、アニメータを投入してました。

つーかすげーなR&H!動物はあなた方に任せておけば安泰です。
撮影では緑色でマーカー付きの良くわかんない物体を抱っこしてるだけなのに、
仕上がりはあぁなっちゃうわけです。怖い。
しかも変形すんだもん、シームレスに。ニュルッと。
ライティングもすげーあってます。
というかすみません、かなり合ってたのであまり意識してませんでした。
合成テクも含めて、実写合成である、というところに関しては
もう大して気を張らなくてもやれちゃう感じになってるんじゃないかと思います。

あと、今回R&HはインドのムンバイにあるR&H Indiaでかなりの部分を
制作したようですが、遜色なし。うーん、すげーレベル高いよ。恐るべしインド。
まぁ上がガッチリ固めてるから、ってのもあるだろうけど、にしてもすごい。

ほんでざらっとみたら、アニメータとVFX TDとが同じぐらいの人数。
あぁ、ハリウッドだなぁと思う瞬間。すげーよ。
そんだけのTDが育つ土壌があること自体ビビる。
毎回ビビる。そしてうらやましがる。

あとパーティクルが非常に綺麗だったと思います。
あれHoudini?まぁなんでもいいですが。
パーティクルがうねうね動きながら、絵を形成して、ファーっと変わって、みたいな。
あれは非常に綺麗でした。オススメです。

飛行船とか魔女とか、CGだなー、って部分もありますし、一部突っ込み満載ではあるんですが、
おおむね良い出来だと思います。

話の方には触れずに原作でも読んで、映画はVFXを楽しむぐらいな感じがちょうど良いかも。

なんだかんだで3部作全部見る気がします。

金かけて映画作るっても、日本でコレは実現せんの、と思いました。
レベルが違ぇ。

そして日本にももっとオープンなコミュニティがないと、そういう土壌は育たない気がします。
みんなして情報をクローズドにしたがってるような雰囲気は早いトコ壊したい。

多分1800円分ぐらいは全然ペイしてます。
モチベーションUPて意味も含めると、安いぐらい。

公開は3/1~っぽいです。

「ライラ 黄金の羅針盤」への2件のフィードバック

  1. ほー。久しく映画館行ってないので見に行こうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。