[ wxPython ] MayaのGUIとの対応

個人的に良く使うものから、簡単にまとめてみます。


button -> wx.Button

optionMenuGrp -> wx.Choice

textScrollList -> wx.ListBox

text -> wx.StaticText

radioButton -> wx.RadioButton

checkBox -> wx.CheckBox

textField -> wx.TextCtrl

scrollField -> wx.TextCtrl に引数で style=wx.TE_MULTILINE

scrollLayout -> wx.ScrolledWindow

paneLayout -> wx.SplitterWindow

fileDialog -> wx.FileDialog
※fileBrowserDialog的に、ディレクトリ選びたい時も使えるのかな?
 →styleオプションとして、wx.CHANGE_DIRっていうのがある。これが怪しい。

ウィンドウのリサイズにウィジェットを追従させたい場合 -> Sizerを使う
※Sizerに関しては、詳しく書くと大変なので省略。
 そもそも、Mayaと1:1での対応は不可だと思う。

ボタンを押した時の処理の実行
btn = wx.Button(_parent_, _id_, ‘Button’)
self.Bind(wx.EVT_BUTTON, self._onClick, btn)

※_parent_とか_id_とか、一応便宜的にくっつけただけです。
 _parent_にはselfとか親panelの名前とか入れる。
 _id_には-1とかwx.ID_ANYとか、あらかじめ作ったIDとか、そういうのを入れる、っぽい。

僕もまだまだ始めたばっかなので、メモとか、大まかな指標程度に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。