DS-10 デモ映像

なにこれ合奏モードて。
めっちゃくちゃ楽しそうすぎる。

下手したらミキサーとDS4台の値段が同じぐらいだったりとか?ww
さすがにそれはないか、素人でもないだろうしww

mixiとかでみんなで集まって~、みたいなことが行われそう。

3月の時点で既に予約はしてるわけです。勿論1個ですが。
早くいじりたい。

嘆き

MELでGUI書けるようになってから初めて書いたまともなツールのソースが、
驚くほど汚い。嘆くほどぐちゃぐちゃ。

これ直すのもアレなので、近いうちにPythonでキレイ化&高機能化して蘇らせる予定。
ちなみに内容はレンダリング用のバッチ作成ツール。
ディスパッチャ入れるって話になってるので、正直もはやいらないんだけど、このままでは悔しすぎる。
ということで、いずれ書きます。

以上、いろいろ驚くというか嘆くほどの事だったので、書いてみました。

国産流体

Octave Engineで有名なPrometech Softwareさんが、Codelightさんとの協力体制のもとで、
流体のレンダリングを行ったようです。
シミュレーションはPrometech、レンダリングはCodelight、ということみたいです。

ものすごいですね、これは。。。

Codelightさんのブログを拝見するに、シミュレーション結果を独自のトランスレータでRIBに変換して3Delightからレンダリング、ということのようです。
やっぱり巨大なレンダリングにはRenderManなんですねー。

そういえば今RealFlowもRenderManに直接データ流すためのプラグインみたいなものを
開発してるっぽいですが、あれはどうなったんですかね。
この映像のアプローチと基本的には同じようなことをしようとしてるわけですね。

個人的にはCodelightさんの技術力に脱帽。
国内にこういう方々がいらっしゃるというのは非常に心強いですね。
是非是非国内での3Delightの普及にご尽力頂きたいです。
おれもいつかそんなTDに・・・!!
頑張ります。

ところでPythonセミナー行きたい。
内容次第ですが。。

昨日の進捗

昨日はこんな感じでLinuxと戦いました。
1.各種アプリケーションのインストール
 →成功。aptすげぇ。かなり楽。ほとんどGUI版しか使ってませんがwww
2.Houdiniのインストール
 →成功、だが一部描画に難あり。
  →おそらくNVIDIAのドライバのせいだろうと予想。
3.システムのGUI操作だけでいけるドライバをインストール
 →成功、だがまだちゃんと動いてない予感
4.NVIDIAのドライバをインストール
 →遂に成功!!

と思いきや、

続きを読む 昨日の進捗

モニタ届いた。・・・が

モニタ届いたーーーーっっ!!
思った以上にモノがしっかりしています。
画面も明るいしサイズもちょうど良い。
今の机のサイズだと24はデカすぎなので22インチで正解。
視野角もーーー、えーとまだ詳しくみてないのでなんともいえないけど、とりあえず不満なし。

ということで、モノに関しては概ね満足。

・・・が。

続きを読む モニタ届いた。・・・が