Python フレームワーク本

ボーンデジタルさんより、PythonのWEBフレームワークに関する本がでるようです。

『 Python フレームワーク 』
Django と TurboGears で実現する
Web 2.0 プログラミング


今年初め、DjangoかPylonsか、どっちかでパイプラインツールを作ろうと思っていました。
カットの進捗管理とか、データ管理とか、WEBブラウザから操作するようなパイプラインツールなら、
全部をスクラッチで用意するより遥かに楽なんじゃないかなー、と。

ただ、DBとか絡むと、その辺全然知識無いのでキツいなぁ、と思ってスルーしてました。
(ホントはいろいろ模索してる間に別のタスク発生して時間が無くなった、ってところなんですが。。)

あと、当時は今ほどPythonが使えなかったこともあって、Djangoってどうやって使ったらいいの??ってのも断念する材料としては大きかったです。。
本なんかも全然無かったですし。

なのでいずれそういうパイプラインが組めたらいいなぁ、とは思っているのですが、
この本はどれだけ役に立ってくれるんでしょうか。

WEBフレームワークの場合、パイプラインツールに限らずともいろいろと用途がありそうなので、ちょっと興味あります。
会社で買ってもらうかな。

そういえばPythonでWEBブラウザを介したパイプラインツールというと、SEGAのVE研がPlone使って似たようなものを作っていたような気がします。
このPDFに少し書いてあるようです。

実際どの程度のものなのか、興味あります。
というか、他のプロダクションのパイプライン系ツールが興味あります。

ドキドキ、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。