New LiquidMaya 2.3 Release

LiquidMayaのv2.3がリリースされた、というかされていた模様。
リンク

LiquidMaya is an Open Source Maya to Renderman interface, it has been used successfully in production on a number of films including: Superman Returns, Hitchhikers Guide to the Galaxy, Troy and Fellowship of the Ring.

The plugin has been compiled for Maya2008 32 and 64. Its been tested mainly with 3Delight and Prman. Here are some new features:

– prePosterous mel binding with 60+ Ri commands
– global and per object mel insertion points
– Maya poly edge and corner creases supported
– liquid set light linker – fast alternative to maya light linker

Plus many others and bugfixes.

Documentation is available at http://liquidmaya.sourceforge.net/liquidwiki/ .

The liquidMaya team.

Maya2008の32bitと64bit用にコンパイルされたバイナリが提供されてるっぽいです。
テストで使用したレンダラは主に3DelightとPRMan。
商用レンダラをメインのテスト環境にしたということは、今後も実務で使われることを目的にしているのでしょう。

気になる新機能は、以下の通り。
恥さらし覚悟で和訳に挑戦。
– prePosterous mel binding with 60+ Ri commands
 →60個以上のRiコマンドのMELバインディング
– global and per object mel insertion points
 →グローバルと各オブジェクトにMEL挿入点(?)
  つまりシーンと各オブジェクトにそれぞれMELの割り当てが可能になった、って感じ・・・?
– Maya poly edge and corner creases supported
 →Mayaのポリゴンエッジとコーナーのcreaseに対応
  creaseってことはSubDivに関する何かでしょうか。
– liquid set light linker – fast alternative to maya light linker
 →ライトリンカー – Mayaのライトリンカーへのすばやい選択肢・・・・・??????

和訳しづらい、、、つーか意味がわからん、、

ともあれ、みなさま是非お試しをー。

3Delightは2コアまでタダで使えるんだよ!!!
みんなで使いましょう。

「New LiquidMaya 2.3 Release」への2件のフィードバック

  1. このプロジェクトがまだ生きてるってだけでありがてえです。

    Maya poly edge and corner creases が、MentalRayみたいに
    シェーダでエッジ検出とかできるって意味ならありがたいんだけどなー。

  2. >hajimeさん
    > このプロジェクトがまだ生きてるってだけでありがてえです。
    ホント、さすがにもう死んでると思ってました。
    今後も是非続けてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。