[Maya Plug-in]VCExpressで64bitプラグインは作れるか。

結論から言うと、どうやら可能っぽい。
一応簡単なmllのコンパイルは成功。
動作も一応確認。


OS
Windows XP Professional x64 Edition SP2

今回使ったもの一覧
Visual C++ Express 2008
Windows SDK
・Maya2008 x64

手順
1. VC2008とWindows SDKをインストール
2. スタート > Microsoft Windows SDK v6.1 > CMD Shellを起動
3. 2で起動させたコマンドプロンプトから以下を実行
  start VCExpress /useenv

これで、VC2008が起動します。
この手順を踏んで起動したVC2008は、パスなどの設定がx64用になるっぽいです。
この手順を踏まずにそのまま起動したVCは、32bit用の環境が設定されます。

起動後は普通にコンパイルするわけなのですが、Maya Plug-in Wizardから作成したプロジェクトは、
特に何かを変更するでもなく、そのまま通りました。

これで来る64bit時代にも無料でプラグインが作成できますね。
よかったよかった。

VS2008だと、プラットフォームの設定にx64というのがあってそれを選べば一発なようなので、
どちらを取るかはお任せですが、とりあえず動きました。

手順など何か不備などあれば、是非突っ込んでください。
僕がWindows SDKいれたのが実は結構前だったので、いろいろ忘れてるかもしれませんし、、

「[Maya Plug-in]VCExpressで64bitプラグインは作れるか。」への4件のフィードバック

  1. VC Expressって商用利用可能なんですね.ダメなんだと思ってた…
    2008 Expressは最適化も有効(らしい)し,かなり使えそうですね.

  2. >ますおさん
    商用可能、、ですよね?
    特に商用不可とか見たこと無かったので、なんとなく使ってましたが、、
    そこがクリアになればなかなか良さそうなので、今後ゴリゴリ使って行きます。
    っていうほどプラグイン書くかは謎ですがwww

    最適化も効くらしい、って話は僕も聞いたことあります。
    どうやるんだろ、普通に指定すればいいんですかね。
    うむむ、、

  3. おぉついにやりましたね
    これは今後も役に立ちそうです

  4. >@hさん
    これでみんなプラグインがかけます!64bitでも!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。