ついに青軸英語キーボード

普段愛用しているMajestouchの英語版青軸が出てた。
マジェスタッチテンキーレス青軸/英語

今の茶軸よりもよりメカニカルなのが青軸。
超メカニカルなのが欲しいと思って、ちょい前に英語の青軸ものすごい探したけどなくて泣いた。

やっと手に入るのか、英語の青軸が・・・!!
これは、買いです。

でも実際使ってみたら茶軸最高!!ってなったりして:P

ちょい安いやつで、こんなのもあるっぽい。
ZEROは今まで日本語だけだったので、初英語配列。
これはこれで欲しい。。
ZERO Tenkeyless「ゼロ テンキーレス」 Nキーロールオーバー・英語ASCII

テンキーは個人的にはむしろ欲しいけど、この際うだうだ言うまい。

「ついに青軸英語キーボード」への6件のフィードバック

  1. >syoyoさん
    あ、これKinesisって言うんですね。
    興味はあるんですが、ホントにキーボードから手離さない人じゃないとえらい使い辛いと聞きましたよ。。
    特にMayaは使い辛くて仕方がなかった、と元上司・談。

    本職用ですね、これは。

  2. おっ、Majestouch使い発見!
    俺も会社に日本から買ってきたキーボードを持ち込んで作業してます。
    たまに快調にタイプしてるとうるさいといわれる事もありますが、あのテンポがたまらない(笑)

    ちなみにKinesisの話はやはりあのR&Hの御大の影響なんですかねぇ。実はご本人の家で実物を拝見した事があります。
    あれは絶対にショートカットできない(笑)

  3. >ぷーとんさん
    メカニカルで英語配列なキーボードとなると、日本ではほとんどMajestouchしか選択肢がないので、という理由で使い始めたんですが、まぁなんとも快適ですwwwwwwwwwwwwww

    Kinesis、、やはり彼でしたか、、
    元上司も彼のキーボード触って、こりゃ無理だ、と思ったらしいですwwwwwwww

    興味はあるんだけど手が出せないキーボードNo1、ですwwwwww

  4. 青軸届いた。
    で、早速会社で使ってるんですが。

    いやぁまぁアレだ。
    超メカニカル。音は茶軸の音+高周波のチャキチャキ音。
    嫌いな人は嫌いかも。

    打った感じは茶軸よりちょっと軽い感じ。
    ここは好き好きあると思います。

    茶軸の方が一般受けしそうな気はする。うるさくないし。

    おおよそ、そんな感じです。

    正直なところ、茶軸の方が打ちやすい。
    ただ、これはおそらく慣れの問題。
    メンブレンから移った時も、茶軸が若干打ちづらかったのを覚えています。軽いなー、、って。
    同様に今の僕の指は完全に茶軸使用なので、慣れるまでしばらく使い込んでみます。

    でもこれは、メカニカルっっ!!って感じで、いいですよ。
    打ってる感は100点wwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。