[Maya] PWrapperなど

最近blogを書く元気がなかなか沸きません。
ネタがないことはないのですが、アレがアレでアレなので自重。

なので今日は最近聞いたネタから。


PWrapper
これはMaya用のプラグインで、パーティクルをメッシュ化してくれるものです。
RealflowとかnParticleのメッシュ化みたいなもんです。

でもこれはnParticleと違ってRealFlowのフィルターみたいな機能がついてます。
そして結構速い。少なくともnParticleよりは、、、
若干メッシュが暴れる感じがありますが、まぁ解像度上げれば問題ないかと。
で、メッシュ化したものをレンダリングするにはレンダーノード用ライセンスが必要らしいです。

当然ですが、トポロジどころか頂点数もろとも一気に変わるのでジオメトリキャッシュは使えません。
どうしてもレンダーノード買いたくなければ自前のジオメトリキャッシュプラグインでも書くしかないかも。
もしくは連番OBJとか。

某所で話していた内容では、RealFlowのbin形式がオープンフォーマットだからそれにすればいいんじゃないか、ということでした。
フォーマットがオープンなのに加えて、Maya用の読み込みプラグインもあるので、開発コストが抑えられて良いです。

根気の有る方は是非チャレンジしてみてください。

— おまけというか余談というか —
今の仕事が終わって、ある程度金貯まったらロンドン行きたいなぁと思って、いろいろ調べてます。
ある程度っつっても100万とか200万とかは必要だと思うので、今の手持ちでは全然無理なんですが。。

ロンドンは物価は高いんですが学費が非常に安い学校が数多くあるようです。
1週間15時間の授業で1年間の学費が20万に満たないところとか、結構有ります。
一番安いところだと10万切るようです(!)。
さすがに10万切ると学生ビザ工場状態らしいので、安い中でもそこそこカリキュラムを持っているところを探す必要は有るんだと思うのですが、
とりあえず学生ビザGET出来たらあとはなんとでもなるよな、と思ってたりします。
現地にいるかいないか、って差は大きい、はず。
イギリスは学生ビザでもバイト可能(時間制限有り)なので、ある程度喋れるようになったらCG会社のバイトとか出来ないかなーとか考えてます。
そこで繋がりをGET出来ればあとはなんとか、、ならんかな。さすがに甘いか。。
大学卒業レベルとの要求に対して僕は何も出来んよ。高卒です。
でも最悪でもある程度の英語力は身につくはずなので、それだけでも意味はあるよなー。
あんまり考えても仕方ないし、とりあえず無心で渡英してしまうのが一番かな。

参考
http://plaza.rakuten.co.jp/johnthebeagle/diary/200708020000/
http://www.sofa.ne.jp/blog/?date=20080330

最近こんなことを考えてる時間が一番楽しいです。
ロンドンいきてーーー。
誰か僕にコネをください。なんつって:P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。