fryrender RT

fryrender RT

3DCG LABOさんで取り上げられてました。
V-Rayに続きこちらもRTですか。


動画があるようなので拝見。

first RC5 preview from RandomControl on Vimeo.

ってこれは!?

featureを見ると、

– Full Global Illumination (as precomputed by fryrender RT)
– Depth Of Field (as configured in fryrender)
– Fullscreen Anti-Alias
– Interpreted fryrender physical materials
– Real-time tonemapping / fryrender-like quality (FP32 HDR)
– Camera vignetting
– Camera animation

とあるので、オブジェクトのデフォーメーションには対応していないようです。
となると何かしらのキャッシュを使ってる可能性が高いですね。

と思ったら書いてあった。

To create the following preview we took a camera-animated scene made in fryrender using 3DStudio Max. We loaded the scene in fryrender RT and precomputed a .RC5 dataset. This dataset is a single file which includes the scene description (camera animation, geometry and materials) plus the Global Illumination information precomputed by fryrender RT. Then we loaded the .RC5 file in rc5player.exe in playback mode. When started in playback mode, RC5player plays the camera animation frame by frame, writing each image to the hard drive.

超簡単に言うと、
3ds Maxで作ったシーンをfryrendre RTで前計算して .RC5データセットを作って、それをRC5playerで読み込んでカメラアニメーションを毎フレハードディスクに保存してムービー作ったよ。
ってことだそうです。
おもしれーーー。こういう切り口は多分初めてですねー。
.RC5データセットってのは、シーン情報(カメラアニメーション、ジオメトリ、マテリアル)とfryrendr RTで前計算したGI情報を持つデータセットなんだそうです。

RCってRelease Candidateかと思ったらテクノロジーの名前なんですね、、、ややこしい、、、
Realtime Caching、とか?

V-Rayが爆速レンダリングだったのに対し、fryrenderは一回キャッシュ取るけどカメラ位置変えるなり絞り変えるなり何でもお好きにどうぞ、って感じですか。

アニメーション利用を考えた作りかそうでないか、って感じですね。
fryrenderは完全にプロダクト&アーキテクトにフォーカスしているっぽいのでこの作りは納得ですね。

んー、なんにしても面白いなぁこれ。

この会社はキャッシュ利用の得意な会社なんでしょうか。

fryrender SWAP archviz demo from RandomControl on Vimeo.

これとかアーキテクト系のCG屋さんが見たらびびる気が。
クライアントへのプレゼンテーションであれこれ言われてもそこで全部直せちゃう。
自分がそっちの人間だったら飛びつくなぁこれは。。
 

最近はmaxwellを筆頭に、unbiased spectral rendererが増えています。
fryrender然りLuxRender然りIndigo然り。
とりあえずは静止画の分野からじわじわくるんでしょうか。
Indigoも商用になるようですし、そこそこ動きはあるんだと思います。

個人的にはまだあまり興味が無い=映像業界での利用はまだしばらく先だと思っているのですが、
今後の潮流を読み取るために動向だけでも押さえておきたい気はします。

とりあえず金無いけど触りたいーー!って人はLuxRenderなどいかがでしょうか。
Maya, XSI, C4D, Blenderのプラグインも提供されていますよー。

「fryrender RT」への2件のフィードバック

  1. GIとかレイトレとかもそうなんですけど、ディスプレイスメントが綺麗で早いってのも一つ欲しいポイントではありますねぇ。
    ディスプレイスさえ使えれば!・・・って、涙する所って、結構色んなケースであるんですよ。

  2. >ガチャペンくん
    ディスプレイスメントは欲しいですねー。
    逆に普通に使えないのが痛い。痛すぎる。

    使いやすくて導入が現実的でMaya Softwareにはない表現力を持つレンダラ、って考えてるだけで僕も別にGIやレイトレにこだわってる訳ではないんですよ。
    なんか良い情報あれば下さい是非(・・)ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。