[V-Ray]Maya版のコマンドラインライセンス・・・

V-Ray for Maya、コマンドラインライセンス無制限じゃないみたいだよ、とrva君からタレコミあり。


そんなまさか!!と思ってv-ray.jpを確認したところ、、、

Q, ネットワークレンダリングは無制限ですか?
A, V-RayForMayaにはネットワークレンダリング数に制限があります。詳しくは発売開始のアナウンスまでお待ちください。

うっわー出た出た・・・
変更されてる・・・

mental rayに引き続きMax版優遇処置。一体なんでなの?
圧力でもかかってんじゃねーのコレ?とか勘ぐってしまいます。

MayaSWからの脱却という可能性の柱が一本折られた或る夏の日な訳なんですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今のところ導入したとかする予定だったとか言う訳じゃないから直接影響はないけど、なんかテンション下がる。

国内のプロダクション規模だと、実はMaxとか使った方が幸せになれるんじゃないんでしょうか。
あー嫌だ嫌だ。

 
– – – – – 追記 – – – – –
ますおさんからのコメントにより、スタンドアロン版はネットワークレンダリング無制限であることが判明しました。
コマンドラインでネットワーク無制限ってことはほぼサイトライセンス状態なんですが、こっちの方が逆に謎です。
英語サイトの方も後で調べてみよう。

「[V-Ray]Maya版のコマンドラインライセンス・・・」への6件のフィードバック

  1. >ガリさん
    コメントありがとうございます。

    Standaloneだからなんですかねぇ。
    でも先日まで無制限になっていたのは非常に怪しいので、社内の判断だけでも無いような気がするんですよね。
    って勘ぐり過ぎなのかもしれませんが。

    何にしてもMayaユーザにとって嬉しいニュースではないですね。

  2. よく分かりませんが,Maya版にはstand-alone版がついてきて,stand-alone版はnetwork rendering無制限って書いてありますけど,そういうことじゃなくて?

  3. >ますおさん
    !?

    あっっっ
    そっち見てませんでした。
    standalone版は確かに無制限って書いてありますね、、

    となるとMaya版というのは一体何のことなんでしょうかね?
    トランスレータってことならむしろ無制限希望なんですが、、

    ただ単にWEB更新して無いだけとか・・・?

    とりあえず発売まで悶々して待つしかないようですね・・・。

     
    Siggraphまであと1ヶ月、果たして正式発表されるのか!?

  4. translatorにライセンス制限があるんじゃないでしょうか。translator後はネットワーク無制限とか。

  5. コメントありがとうございます。

    トランスレータに制限、ですか。
    なるほど、その可能性は正直ないと思っていました。
    というのもなんとなく、現状あるその他のレンダリングパッケージのやり方と逆行するから、というだけの理由なんですが:P

    こればっかりはもうリリースされないと分かりませんねー。

    仕方ないのでヤキモキして待ちますwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。