思考言語としてのCGツール

今、ruby開発者のまつもと氏の著書、コードの世界を通勤中にちょこちょこ読んでいるんですが。
まぁなんとも面白いですこれ。非常に楽しい。
読んでない人にはオススメしたい一冊。でもプログラミングがそこそこ分かる一じゃないと楽しめない予感。。。

と、この本の第一章の中にこんな一文がありました。

言語学の領域ではSapir-Whirf仮説というものがあります。これは「言語がその話者の思考に影響を与える」というものです。つまり、話す言語の差異によって発想そのものが左右されるということです。人間の話す自然言語においてこの仮説が成立するかどうかは分かりませんが、少なくともプログラミング言語においては、かなりよく成立するような気がします。つまり、プログラマはその使うプログラミング言語の差異によって、思考とその結果であるコードに決定的な影響を受けます。

これに関連して考察。
続きを読む 思考言語としてのCGツール

白組、2011年にミニチュアなどを用いた新しい形のフルCG長編映画を公開

タイトルのまんまなんですが、

白組さんが2011年公開のフルCG長編映画の製作スタッフを募集しているようです。

使用ソフトは3ds Max、90分ぐらいのフルCG映画ということです。
脚本は山崎貴氏、監督は山崎貴氏、八木竜一氏のお二人で務められるようです。

個人的には白組さんものすごい本気だなと感じます!!!!

また、 募集要項には、

● 3dsMaxでのキャラクターアニメーションに関する様々なテクニックをお持ちの方
 モデリング、リギング、アニメーション、ライティング、エフェクト等々
● 実写ベースでのCG制作経験のある方

とあり、フルCG映画なのに実写ベースでのCG制作経験という、なんとも不可思議な一文があります。
これは全く新しいビジュアルを期待出来る予感・・・!?

今月号のCGWにも募集が載っていましたが、Max使いでなくても、覚える気がある、覚えられる方ならOK(意訳)とのコメントが載っていましたので、腕に自信のある方は是非応募してみましょう!!
こちらはMax使いの一般採用(?)の方みたいです。映画の方はMax経験者限定なんでしょうか?
まぁでもアプリケーションに依らず、単純に出来る人はどこでも欲しいと思われますので、腕に自身のある方は他ソフト使いでも応募してみればええじゃないか、と思いますよ:)

日本でもCG映画がだんだん増えてきました。
さぁ楽しいことになってくれ日本!!

 
そういえば知人というか元同僚に、ニコニコ動画で某菌アニメのOPを自作して、出来が良すぎて削除依頼が来た、という人間がいるので伝えておきますかね。というかココ見てるかな?<参加しませんか?