思考言語としてのCGツール

今、ruby開発者のまつもと氏の著書、コードの世界を通勤中にちょこちょこ読んでいるんですが。
まぁなんとも面白いですこれ。非常に楽しい。
読んでない人にはオススメしたい一冊。でもプログラミングがそこそこ分かる一じゃないと楽しめない予感。。。

と、この本の第一章の中にこんな一文がありました。

言語学の領域ではSapir-Whirf仮説というものがあります。これは「言語がその話者の思考に影響を与える」というものです。つまり、話す言語の差異によって発想そのものが左右されるということです。人間の話す自然言語においてこの仮説が成立するかどうかは分かりませんが、少なくともプログラミング言語においては、かなりよく成立するような気がします。つまり、プログラマはその使うプログラミング言語の差異によって、思考とその結果であるコードに決定的な影響を受けます。

これに関連して考察。
続きを読む 思考言語としてのCGツール