git?

さっき紹介したdnegのopensourceはgithubで公開されていたので、やっぱり時代は分散型リポジトリかいなと思い、えいやっとgitを使ってみようと試みるためにあれこれ資料を集めてみました(長い

分散型リポジトリといえばgitの他にmarcurial辺りも有名なんですが、dnegがgitならgitでしょうということで(浅はか)、とりあえずgitに集中してみます。


とりあえず参考リンク。

Git入門
git型の共同作業とSVN(CVS)型の共同作業の違い
Subversion ユーザーのための Git: 第 1 回 Git 入門

リポジトリの話をするとよく、SVNで何がダメ?という話をしたりされたりするんですが、
僕の場合は正直どっちでも良いんです。分散型だろうが集中型だろうが、どうでもいいんです。

gitは最近分散型が元気なので、ただ何となく興味があるだけです。

仕事ではSVNを使った経験がありますが、なんともマヌケな使い方をしてただひたすらリビジョンが上がっていくばかりみたいな感じになってました。
もうちょいちゃんと運用ルールとか決めないとダメですねー、こういうものは。
SVNだgitだという前にそこが重要な気がしました。私見ですが。

基本は人の公開リポジトリにpullしにいくものだと考えると、
家で一人で使うってことを考えるとSVNのが便利なんですかね?

まだピンときてないです。
なぜなら上のリンクは集めただけでまだ読んでないからっっ!!
サーセン読みます。

そして家でも会社でもソース管理はしっかり行いたいです。
ソースって言っても、プログラミング以外のファイルでもあれこれ扱えますしね、
習慣つけておけばあれこれ便利かと。多分。。

git使いに依れば、svnでも別に良いんだけど、git早いよ、だそうです。

興味ある方は是非いじっていただいて僕にあれこれ熱く説いてください。
Windowsでも例によってtortiseシリーズがあるようです。

実用レベルに達したWindows向けGitクライアント「TortoiseGit」でGitを始めよう

このシリーズはホントにすごい。頭が下がります。
 
と言う感じで、いずれgitにも挑戦したいです。
でももうちょっと噛み砕いて理解してから、ですかね。

「git?」への2件のフィードバック

  1. > 基本は人の公開リポジトリにpullしにいくものだと考えると、
    > 家で一人で使うってことを考えるとSVNのが便利なんですかね?

    その場合はむしろSVNよりもGitなどの分散型の方の利点が活きてきますよ。

    自分自身で発足したプロジェクトの場合はレポジトリ権限の全てを自分が持っているので集中型でも不自由はありませんが、自分の権限が限られているレポジトリからPullした場合、集中型だと手元の改変をレポジトリで管理できずに困ってしまいます。

    分散型をもちいれば、Pullした瞬間からマスタ・レポジトリから独立した勝手レポジトリが手に入るので、マスタレポジトリへのPush以外、すべてのレポジトリ操作が行えます。(また、マスタ・レポジトリへのネットワークも必要ありません)

    概念的には分散型は集中型でできることを包括していると思うので、その点で活用する価値は大いにあると思いますが、実装の方はまた別問題で、たとえばgitとsvnを比べた場合、svnの方がWindowsでは親和性が高いなどの見方があります。

    自分自身はMercurialで全てを管理しています。

  2. >mynzさん
    なるほど!!
    丁寧な解説、大変参考になります!

    家ではWindowsにしばられずあれこれ好きなOS使いたいとか思ってるので、あまりSVN気にすることもないかなーと思ってきました。

    gitとMercurial、使用を前提にもうちょっと調べてみようとおもいます。
    ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。