[メモ] shellでカレントディレクトリ以下の.pycを一斉に消す

findで合致したデータをバゴーンと消します。

find . -name “*.pyc” -exec rm {} \;

-execでrmを実行。
{}というのは各ファイルの名前が入るっぽい。
\;は無いとエラーになったのでひとまずいれてある。
そんな感じです。シェル便利。

「[メモ] shellでカレントディレクトリ以下の.pycを一斉に消す」への4件のフィードバック

  1. ディレクトリごとまるっと消したかったら、こんな感じ
    find . -name “.svn” -exec rm -r {} \;
     
    -execのコマンドの後、つまり{}の後ろにはスペースが無いとエラーになるっぽい。

  2. zshだと **/*.pyc でオッケー。
    一回使うと手放せない…

  3. はじめまして、takkunです。

    自分も、pycの作成が邪魔でいろいろ探していたのですが

    import sys
    sys.dont_write_bytecode = True

    を、userSetup.pyなどに記述しておくと
    Maya2010以降、pycをつくらなくなります。

    既にご存知でしたら、すみません。

  4. >ぷーとんさん
    ぬお!?
    あれですか、最強との声も名高いzshですか。
    そういうところが便利なんですね、zshて。
    興味湧いてきました。ちょいとググッてきます。
    ありがとうございます!!
     
    >takkunさん
    はじめまして!!
    ブログ拝見しています:)
    お若いのにすごいっす!!
    なるほど、pycの作成自体をやめることが出来るんですね。
    その線は考えたことなかった。参考になります。
    ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。