[Houdini] Bullet SOP公開してる人がいた

Houdiniの公式フォーラムでBullet SOP公開してる人がいました。
こちらのページの下の方にzipがダウンロード出来るところがあるかと思います。
なんと太っ腹なことに、ソースコード付きです!!
Bullet physics implementation and other stuff


上記スレッドのページ進めていくとバイナリの公開もあったような気がしますが、見間違いだったらすみません。
僕がDLしたのはソースコードのみでした。

僕はLinuxでビルドして早速試してみました。
Linuxでビルドする際は、build.shが解答したディレクトリ及びサブディレクトリ内に複数あるので、
全部に対してchmod +xしてあげてください。
先日ネタにしたfindの-exec使ってやってみたんですがそんなディレクトリはねえ!って怒られて実行出来ませんでした。
なぜ。。

サンプルファイルをちょっと触ったというか眺めただけなんですが、うーん、これは速い気がします。
OdforceのBullet DOPがBulletのバージョンのせいでなぜか上手くビルド出来ずに試せていないので、
比較とかは残念ながら出来ないのですが、速いなーとは思います。
ただし複雑な形状になるとやはり重くなるようです。
出来る限りプロキシジオメトリで計算して、あとで本ジオメトリに置き換えるのが良いんじゃないかと思います。

コミュニティベースで開発されたものですし、ライセンスに関してもちょっと調べてみないと、
そのまま仕事でGo!!って行けるかどうかはわかりませんが、とても興味はありますね。。

しかしBulletの実装をSOPでされてる方の多いこと多いこと。
実はこちらは先日HDKネタの一番下でご紹介した動画の方によるものみたいなのですが、
この方の他にもVimeoにはもうお一方、おれおれBullet実装をやってる方がいました。
それにDDさんのDropもSOPでの実装だと聞いています。

なんでしょう、なんでSOPなんでしょうか?
DOPにするメリットが無い、ってことなんですかね?
逆にSOPであるが故のデメリットなんかはないんでしょうか?

DOPの場合、ひとつの塊をひとつのオブジェクトとしてみなせるのですが、
SOPの場合、グループなどは作れるにしても、あくまでも一つのジオメトリでしか無いですし、
グループに持たせられるアトリビュートというのがあるわけじゃないので、
結局同じ値をそのグループに属するポイント全部に持たせる必要が出てきたりとかして、
あれこれ二度手間っぽいことにならないのかな、と。

別にそれだけ許容すれば、普段使い慣れてるSOPで完結するしDOPなんかいらねーよ、ってことなら
そりゃそれで納得できますし、グループの話にしても、Bulletに渡してしまえばちゃんとBullet内では
オブジェクトとして扱われるのでまぁ大きな問題にはならないんですよね。
なのでまとめると、オブジェクトごとの値をポイントアトリビュートとして各ポイントに持たせてしまうことによる値の重複は許容してんのか?ってことだけです。

これはでもソースコード見てみればわかることなので、いずれ眺めてみようと思います。
Bulletだけにとどまらず、普通にHoudini使う上でも興味深いネタだったりします、こういうのは。

「[Houdini] Bullet SOP公開してる人がいた」への2件のフィードバック

  1. 以前にSOP Fluidの開発者と話したんですが、彼はMasterライセンス要らないからって言ってました。
    SOPで実装するってのは結構開発者にとってトレンド化してる気がする(笑)

  2. >ぷーとんさん
    おーーーーーーーーー、なるほど!!!
    たしかにDOPs使えるのはMasterのみですもんね。
    大手の方々はEscapeのライセンスも保有してて、必要に応じて上手くライセンス回してるってことなんですかね?
    うーむ興味深い。
    情報ありがとうございます!!:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。