[Max] TP5

ぼちぼちSiggraph2011に絡んで情報が出てきました。
第一段(?)はthinking particles 5。
Cebas @ SIGGRAPH 2011
thinkingParticles 5 to feature a vehicle simulator
finalRender 4GPU™ and thinkingParticles 5 at SIGGRAPH 2011

どれも内容は一緒なんですが、一番上の公式ページが一番ちゃんと書いてあるようです。当然ですが・・・。


今回のバージョンではBulletを採用する、と書いてあります。
あれ?TPってPhysXあるじゃん。なんで????と思ったのは僕だけではないはず・・・。
業界標準になってきた感があるから、とかなんですかね?わからない。

しかしcgchannelによるとそれは大したものではなく、今回の一番の見どころは“multi-wheel, multi-axle vehicle simulator offering automatic and fully procedural vehicle simulations on flat or uneven terrain”だと言っています。

僕は乗り物全般にあまり詳しくないのでmulti-axleというのがよくわからないのですが、
直訳すると複数車輪&車軸の乗り物のシミュレータがつく、ということのようです。
自動かつ完全にプロシージャルで、平坦な場所やでこぼこの地形などでも対応!!

ほほー。
なんかあまり聞かないフィーチャーなのでちょっと興味はあります。というかデモ見たい。
しかし車のシミュレータってそんなに多用されるものなんですかね??
あまり想像わかないですが、確かにアニメーションもリギングも面倒ではありますからね、そういうニーズもあるのかもしれません。
というかもの見るまでは何とも言えません。。

併せてcebasのページを見ると、vehicleは普通のパーティクルと同じように扱えるとのこと。
Maxはフルプロシージャルな物理ベースのCar drivingシミュレーションのはじめてのプラットフォームになるだろう、と。
そう言われて初めて気づいたのですが、これってもしかして結構大量の車両が扱えちゃうんですかね。
だとしたら街中とかAI的にセットアップしてモブ車とかバンバン走らせるみたいなことが出来ちゃうわけですか。
あとはそれをV-Ray proxyでレンダリングとかしたら超大量の車がいい感じに動いてアザース!!ってことになりますかね。
あー、確かにそれならあれこれ使えそう。

PixarとかはWall-Eの時にMassiveで交通システムの構築やってましたけど、あれ車輪とかないですからね。浮いてる。
たぶんMassiveなんかとは考え方違うので超すげえAIって感じにはならないかもしれないですけど、
似たものが作れるだけでもだいぶ便利に使えそうな気が。

ってまぁ予想なんでわかりませんけどね。
リリースされたら誰かおれおれバーチャル交通網作ってVimeoにUPしてください^q^

他にもReal Flowのファイルをネイティブサポートしたりもするようです。
provides a platform for Krakatoaとかも書いてあるんですが、platformが指し示すところがよくわからないのでスルーしときます。
今もKrakatoaとTP一緒に使えたと思うんですけど、さらに何か良くなってるんですかね。

 
そんな感じで。
何にしても僕の本命はHoudini12。
今回はまだ何もオフィシャルに情報出してこないのでヤキモキしています。
出し惜しみ許さん・・・!!

しかし今回はブース出すらしいですし、11は間に合わせバージョンな香りがぷんぷんしましたし(失礼)、
かなり気合の入ったバージョンなんでしょう。
楽しみです:D

 
とHoudiniネタで全部持っていくテスト。
みんなHoudini使ったらいいじゃない・・・マジで・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。