ついでなのでFFmpegで動画を作る方法もメモ。

タイトル通り、大昔に一回乗せてるネタなのですが、再度まとめてみました。


詳解する気もあまりないですし、そもそも詳しくないので、僕が良く使う設定をそのまま乗せてみます。

ffmpeg -y -i "test.%04d.tga" -r 24 -sameq -f mov "out.mov"

以下簡単に説明を。
-yはoverwrite output filesとなっているので、データを上書きするためのオプション。無きゃ無いで良いのかもしれません。
-iが入力データ。連番なので上記のような書き方です。動画の場合はそのままフルパスで良いんじゃないでしょうか。
-rはフレームレート。
-sameqはuse same video quality as source (implies VBR)とあります。
なんだかよくわかんないけどインプットに合わせた良い感じのクオリティで動画出力してくれるオプション、だと思ってます:P
-fはforce formatとあります。フォーマットの上書き、でしょうか。
そして最後が出力データの名前です。

あとこれは地味に重要なんですが、日本語パスだとエラーになります
もしかしたら使用しているバイナリによっては大丈夫かもしれませんが、
少なくとも公式からたどって行ってGETしたバイナリではエラーが出ました。
ご注意あれ。

僕は上記を基本的な設定として使ってますが、この他にもサイズ変えたりコーデック指定したり、
あれこれ便利に使える機能があるようなので、興味のある方は調べてみてください。
ffmpegで適当にググるとあれこれ出てきますよ!

— 追記 —
なんかさっきDLしてきた最新版、mov作ろうと思ったらぶっ壊れる。。
バージョンによって割と動作不安定なのか・・・?
そういう場合は過去バージョンだったりとかコーデックの指定だったりとかでなんとかカバーして使いましょう・・・!!
-vodec mjpegとかを追加してやったらちゃんと動きました。なんじゃら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。