Fume for Mayaマダー?

おかしいですねー。

公式発表では2012年の終わり頃、となっていたはずなんですが。
首を長くして待ってるんですが。
おかしいですねー。

待ちきれなくて思わずあれこれ探してたら面白いブログ発見しました。

FumeFX for Maya Announced
luma picturesの方のブログみたいです。


これ読んでて、lumaからの強い働きかけによりMaya版が作成されたこと、lumaがdigicを引き込んだこと、思っていた以上にその2社が開発に関わっていたこと、またそのどちらもが既にArnoldに移行しているためArnoldでもレンダリングできるように準備しているということに関して、特に強い興味を持ちました。

ついにArnoldでVolumeレンダリングが出来るのかマジかキタかこれーー!!!と一人で興奮してしまい、このリンクをチームのみんなに投げつけてしまいましたww
そうした所でどうにかなるものでもないのですが、興奮が冷めやりませんでしたw

というのも今まさに仕事でFumeを使用しているからなのですが、まぁ速い。
なんじゃこれ?っていうぐらい速い。

MayaFluidも慣れてきてからはこんなもんか?と思ったものですが、簡単な速度比較をしたら愕然とするような差が見られました。
(もっとも、今使用しているMayaが2011なのでリサイズ無しだったというのもかなり大きなディスアドバンテージではありますが、今の環境がそうだから仕方ないのです。いずれガチンコテストなどしてみたいものです!)

実際上記ブログでも、Houdini、Mayaなどと比較して一番早くいい結果が得られたのがFumeだったとのことですし、きっとそういうことなんでしょう。
(早く結果が得られた、というのはここでの大きなポイントだと思います。コントロール性や最終結果への追い込みなどを考えたら別のエンジンのほうが良いという結果も出るかもしれませんし。)

それにFumeはただ速いだけではなく、なんとなくデフォルト設定がいい感じですしw、かつレゾを上げる際にも割りと気軽にやれちゃうところ、予想使用メモリが見れるところなどなど、使ってて快適な部分が多々あります。
まだまだ表層にしか触れることが出来ていないとも感じているので、深く潜った際にどうかはわからない部分もあります。
ただ、今のところは割と頻繁にびっくりさせられていますw

そんな素敵なFumeではありますが、僕はMax得意じゃないので、
Fumeと言うよりもMaxの操作で躓くことが多く、一刻も早いMaya版のリリースを望んでいますw

こちらのスレッドによれば、リリースは来年になるとのこと。
焦っても仕方ないので大人しく待つことにしました。
でも是非なるべく早くお願いしますね、、、m(__)m w

そういえば先日、Fumeに先駆けてPhoenixFDのMaya版もリリースされましたし、ThinkboxのMaxプラグインもかなり大多数がMaya化されているという話もあります。
MayaがMaxよろしくどんどんプラグインのプラットフォームとなってきている感が半端ないですが、それでやれること増えるなら大歓迎です:D

PhoenixFD for Mayaに関しては、どなたか試された方のお話でも伺いたいものです。
試された方いらしたら是非どこかでお話お聞かせください:)

Fumeが出たらうちのチームでは下手すりゃFumeは全部Mayaで、となるぐらいの大きな動きがありそうな気がしています。
もちろん対応レンダラと、その性能にもよるのですが。

楽しみだなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。