遅あけ

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年一発目としてVimeoにSeExprMeshの使用例の動画をUPしました。

[Maya] SeExpr Mesh Deformer Node RnD4 from taikomatsu on Vimeo.


これは以前波デフォーマを作った際の考え方と近く、距離を元にメッシュを回転させています。
原点からの距離が小さいほど変異が大きくなり、渦のような表現ができます。

ただメッシュを変形させる方法だけだと流れを表現する方法がねじり続けるしかなく、実際の渦のように中心に流れ込んでいく感じの表現が難しいのです。
勿論工夫である程度までは見せられると思いますけどね、テクスチャとか。
なんならSeExprMeshはUVも変形可能なので、最初からUVでやってしまうのもありかもしれません。

ちなみにこれは、
1. ノイズかける
2. Peak(頂点を法線方向に引っ張る)
3. 渦
という3段重ねで作成しています。

一応渦は対数螺旋として作っているつもりなのですが、うまく行ってますかね?
今度もうちょいちゃんと確認せねばとは思ってますが、結果それっぽいから良いかって事で見切り発車したったりました!!w

データは準備できたら公開する予定ですので、参考にしていただければ幸いです。

今年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。