[3ds max]Stoke MX

Thinkboxからまたしてもプラグインが発表されました。
またしても。

Stoke MX

Overviewにはこうあります。

Stoke MX is an easy to use Particle Simulator designed to simplify the creation of high volume particle clouds driven by Velocity Fields.

ざっくり言うと、他所様のVelocity Fieldをお借りして大量のパーティクルクラウドを作成するパーティクルシミュレータということみたいです。

は?

続けてこうあります。

Supported Velocity Field sources include FumeFX and Ember simulations, other particle animations from Particle Flow, Thinking Particles or external particle file sequences in PRT or RealFlow BIN formats, 3ds Max Force SpaceWarps etc.

他所様の、と言いましたが、具体的にはFume、Ember、PFlow、tp、PRTやBINなどの外から読み込んだパーティクルシーケンス、それとMaxのスペースワープをVelocity Fieldとして扱えるようです。

つまりStokeはパーティクルシミュレーションツールでありながら、自分自身でパーティクルの動きを制御する術を持っていないわけです。
動きは他所で。そしてそれを拝借して量をギガトン級に増やす、と。

なのでStokeはKrakatoa用パーティクルかさ増しツールと言ってしまって差し支えないでしょう。
しかも高速で簡単に使えるのが売りのようです。

かさ増しする際、パーティクルのエミッタなどは自分で設定してやる必要があるわけですが、ジオメトリ(面、頂点、エッジ、ボリューム)やKrakatoaのPRT Object、それにMaxのパーティクルシステム(tp含む)から発生出来る模様です。

最初見た時、Overviewをよく見てなかったのもあって、なんぞこれ???と思ったのですが、この動画を見て、おっ!!!と思いました。
というかこれでようやくツールの概要を理解しました。

こちらはPFlowをVelocity Fieldとして使用している例です。
速い!!確かに速い。
Thinkboxの製品はいつも一点突破ですごいパフォーマンスを出してくるのでMaxメインで使ってるわけじゃないんですがすげー気になってしまいます。これもその良い例ですね。めっちゃ速い。

StokeはEmberの技術を使っているとのことなので、パーティクルのVelocityを一旦Volume化して、それに対してStokeのパーティクルを沿わせているのだと思われます。
Grid Spacingだかなんだかってパラメータをいじって正確にパーティクルに沿わせたりしているので間違いないでしょう。

しかもMayaのMulti Pointの様にソースのパーティクルの周りにパーティクルばら撒きました!ほら増えたでしょ!!ではなく、ちゃんとソースからVelocity Fieldを作って動かすタイプのものなので、明らかに球状に固まってかさ増しされたパーティクルが動くのではなく、ちゃんとシミュレーションしたかのようなルックになるわけです。

もしかしたら物によってはVelocity Field補間してまーす(^v^)v みたいなルックになることもあるかもしれませんが、まぁそれはそれで。。
でもキャッシュしたやつを更にMagmaとかでいじったり出来るんだとしたら、ノイズとかかませてやることでその点も多少緩和されるかも。

いやーこれはすごいすね。軽くおおまかに計算して後はStokeで1000万に増量!えい!とかやっちゃえば一瞬で(?)パーティクル作ってくれるってことなわけなので、Krakatoaで大量パーティクルレンダリングしたいけど分散でたくさんのシード計算させるほどのマシンリソースなんてないよ!!って方でも気軽にどっさりパーティクルがレンダリング出来る。

熱い、熱いです。

まぁそんなにKrakatoaばっかり使う仕事ってどんなタイプの案件なのかはぱっと思い浮かびませんが、、、
多分ファイナル的なファンタジーとか、ハリー的なポッター的な、、、とかそういうやつでしょう(断定
でも僕はそういうの大好きです!!!雇ってくだうわなにをする

現時点ではまだベータ版でリリースされてませんし、僕がWEB見ただけで良い様に捉えてるって可能性もあるので鵜呑みは厳禁でお願いします。
間違ってたらこのエントリーはひっそり消滅します。察してください。

その他詳しくはご自分の目でHPやYoutubeの動画などをご確認ください。
あと製品ページトップに、ベータ版に興味のある方はメールしてくれ!と書いてあるので興味のある方是非どうぞ!

しかしホントにThinkboxの開発力にはいつも驚かされます。
お前らどんだけリリースしてんだと。
もうMaxプラグイン固めの総本山です。
Autodeskは早いとこ子会社化した方がいいんじゃないかというぐらいMaxの株を上げるのに貢献してる会社です。
恐ろしい。

Emberのリリースもまだなのでリリース時期は同じくらいになるんじゃなかろうかと踏んでますが、はたして。

間違いなく今後の動きも目が離せないCGソフト会社の1社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。