家用マシンを新調しました

気が付いたら年1ぐらいの更新になっている当ブログです。
新しいPC買ったのでテンション上がっています。


実はここしばらく家にデスクトップPCとかPC机とかがない生活をしていました。
5, 6年ぐらいとかですかね。
というのもその時の引っ越し先がまぁ狭くてですね、、、無理だろと。これに机置くのは無理だろと。
ただmacbook proあるし問題ないだろ、メモリ16GBとか御の字御の字、とか思ってました。

ただやっぱりノートはノート、これで全部が賄えるほどエフェクト屋さんの作業は軽くありませんでした。
それからだんだん家でCGやるのが億劫になりアニメばかり見て過ごす生活、、
体重が3kgぐらい増えて体脂肪率は5%ぐらい増えました。
もう全身ぷよぷよです。

なのでそろそろやばいなと思って、引っ越しに伴い、机、椅子、モニタ、PCを新調しました。
しばらく支払いで死にます(宣言)

購入した機種はマウスコンピュータのDAIVです。
クリエイター向け、エンジニア向けPCブランド DAIV

今回のPCはGPUにGeForce GTX 1080Tiを!というのは一番最初に決めていた点です。
なのでそれを搭載しているBTO可能なPCを探していました。

対抗馬になったのはSycomとSYSTEM WORKSのマシン。
@Sycom – G-Master Hydro X370A
SYSTEM WORKS – POWER MASTER Vision R8103

Sycomの方はCPUがRyzenかつ水冷ということで、魅力的でした。
家に置くなら静音の方がうれしいよね、ということで水冷はまず魅力的。
それにCPU食いなエフェクトをやるならやはりCPUはいくらでも速い方がうれしいわけで、そうなるとRyzenも魅力的です。

SYSTEM WORKSのPCは、実は先日某社さん(お名前だすとアレかもしれないので一応伏せます)で実際に使用している同型のものを見せていただいたのですが、これが非常に良い感じ。
筐体はシンプルでデザインもいい感じ、かつすごく小さいのにスペックは十分。
実際に見積もりまでお願いしたのですが、かなりパワフルな構成も可能とのことで、このサイズでこの構成が出来るのはだいぶすごいと感じました。

で、あれこれ考えた結果、DAIVにしました。
Sycomのにしなかった理由はメモリの上限が64GBだったこと、SYSTEM WORKSに関しては少し割高だったことが選択から外れる要因となりました。
水冷も小さな筐体もどっちも魅力的だったのですが、まぁ消去法的にこうなりました、という感じです。

ちなみにDAIVのPCと一言で言ってもあれこれあるわけで、そのうちのどれを買ったのかというと、こちらです。
DAIV-DGX710H2-SH5

これをベースに、メモリを128GBにしてOSをProにしたぐらいですかね。
あとはHDDをちょっと追加しました。外部ストレージとか買うの面倒ですし、高いですし。
CPUが若干貧弱かなとも思いましたが、まぁここは求めれば求めるほど値段が吊り上がっていくのでしゃーなし、ということにしました。
そもそも6コアもあれば十分ですよね。間違いない。

ちなみにリンク先がもう在庫なしってことになってるので、多分そのうちリンクも消えるでしょう。
Intelが新型CPUでもだしたんでしたっけ。まぁ性能が倍になるってこともないと思うので特に気にしません。

メモリを128GBにしたのはHDAお化けが128がいいっすよ、と囁くのでつい128GBで買ってしまいました。
それは冗談としても、128って結構すごくないですか。ちょっと魅力感じてしまいまして。
なので家で特に締め切りとか関係なく128GBをぶん回すみたいなR&Dとかやってみたいなと思って、とりあえず128にしてみました。
これから数年はもうPC買う気もないのでやはりちょっと高くなっても数年ぐらいは使えるやつが良いとも思ってましたし、ちょっと奮発してみるのも悪くないかもと思って決断しました。
購入ボタン押す前に清水の舞台から数回飛び降りてます。

しかし128ってすごいですね。
Houdini Apprentice入れてちょっとPyroのレゾ上げて回してみたんですが、20GBとか使っても使用率はまだ10%台ですからね。考えられません。
M社時代に見たFumeのSpacingを下げまくっていくと現れる99GB+のsimも回せちゃいますからね。これはえらいことです。
そんな感じでゆるゆると家R&Dとかやったりしたいなーと思ってます。

あ、あと1080Tiですが、これは完全にRedshift用ということで買いました。
1070とかのSLIにするかも悩んだんですが、FX用途でもちょっと使う前提で考えてたのでメモリは多い方がいいよね、ということでTiにした次第です。
まだライセンス揃ってませんが、家では今後はHoudiniとRedshiftを使ってあれこれやっていこうと思ってます😃

あとモニタはDellのU2715Hを購入しました。
Dell ディスプレイ モニター U2715H 27インチ/WQHD/IPS非光沢/6ms/DPx2(MST),HDMIx2/sRGB99%/USBハブ/フレームレス/3年間保証
Philipsの43インチの4Kモニタが競合だったんですが、43インチともなると普通の机では快適に使える距離に置くことが出来ないというか、シンプルに奥行きが全然足りずに断念しました。

WQHDは2560×1440というサイズなのですが、普段使ってる1920×1200よりも少し大きいので多少余裕あっていい感じです。
27インチというサイズも家に置くにはちょうどいい感じかなと思います。
あとベゼルがかなり薄くて、デザイン的にも悪くない感じです。最高に良いとも言いませんがw

 
という感じで、数年ぶりに家の環境を整えることができました。
不思議なもので、PCデスクがあって、モニタがあって、キーボードとタブレットが用意されてて、というだけでもだいぶやる気が違ってくるというか、なんかこう、やっぱりここに座りたくなってしまう自分がいます。ノートPCしかなくてもやはり机は用意しとくべきだったかなーなんて思ったりもしますが、それもこれも128GBという大容量メモリに対する興味なんじゃないかという気もしているので、なんとも言えませんw

最後にCinebenchの結果だけ載せておきますね。

GPUに関してはほんとは130オーバー出てたんですが、ドライバ最新にしたらなんか低くなりましたw
またどこかで改善されるかもしれないですし、とりあえずこのまま使ってみます。

以上、だいぶサボってる当ブログですが、今後ともよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。