はじめてのPython3

はじめてのPython3

Python3.0の本が出てた。
僕はPython始めてから今もずっと2.5を使っています。
が、2.xでは許されていた、古い悪しき習慣が3.0以降は一切使えなくなるらしい。

多分良くわかんないで書き始めて、そのまま慣れてる可能性があるので、
Python3.0への移行を考えてぼちぼち勉強始めるべき?とは思ってたりもしますが、まだライブラリが移植されてなかったりとかいろいろ実用的ではないような気もします。

なので、本を買って緩やかに勉強するというのもひとつ手かも。

ということで一応メモ。

mental ray with Maya, 3ds Max, and XSI

mental ray with Maya, 3ds Max, and XSI: A 3D Artist’s Guide to Rendering
という本が発売されるようです。

こっちはamazonのリンク

今までmental rayにフォーカスした本って実は無かった感じなので、
こういう本はありがたいです。洋書ですが、、、

目次を見る限り、mental ray自体の設計とか深いところまでは解説しないようですが、
ソフトに標準搭載のものを普通に使うだけならそのほうがありがたい予感。
多分そういう使い方のほうが一般的でしょうし。

もっと深く知りたい方はmental ray handbookの方を買うんでしょうね。

[ CG本 ] Java関連の本

Javaってあんまり興味なかったんですが、
processingを触り始めた事を受けてちょっと書籍を調べてみました。

そしたらCG本が出るわ出るわでびっくりしました。
Cのそれより多いんじゃなかろうかと思います。
流体とかすごく多い。

せっかくなのでメモっておきます。

続きを読む [ CG本 ] Java関連の本